転職するなら辞める時期がポイントです!

転職するなら辞める時期がポイントです!

転職は転々で辞める時期は精神が耐えられなくなった時です。

今はプチバブルとか、かくてのバブル時代のようにはいかないけどお金がまわりはじめたのでしょうか、それは良いのか悪いのかは議論する余地がありそうですね。私は大卒で1988年に社会にでましたが、当時はリクルーターが知名度の高い大学なら下宿さきまで訪問してきてご飯をたべさせてお帰りには小遣いまでいただける至れりつくせりの状況でしたね。私もその恩恵組でした。
とある証券会社に応募したらすぐ内定もらいました。
それから事前研修という名の監禁旅行が1週間ありそれは飲めや歌えやの接待でしたね。京都から琵琶湖までの贅沢コースでした。
当時はそれほど学生は超売り手市場で、特に有名大学ではひっぱりだこ状態でしたね。私も金融業界に憧れていましたからあまり業界のことなど勉強しませんでしたね。あの当時は憧れだけで仕事を決めていましたから、まさか苦難の人生が待っているなんてすこしも思いませんでしたよ。憧れは地獄にすぐ変わりました。
毎日の上司や先輩の厳しい営業の罵声あり朝から夜遅くまで辛い時間でしたね。憧れだけで仕事の選択がいかに厳しいか思い知らされました。
半年で辞めました。
転職の始まりです。

私は辞めたら有名大学卒がいかに不利になるか思い知らされました。
バブルがはじけていましたから厳しい転職事情になりました。
やっとのことでスーパーに入りましたが7年勤めて辞めました。
辞める時期は上司との軋轢に耐えられず精神的におかしくなったからです。

転職は以後数回しましたが辞める時期は同じ理由でしたね。精神的に限界に達した時が終わりでした。
いまは14年続いています。
精神的に持っていますから、仕事って精神との闘いなんだなと悟りました。